今年も9月がやってきた。

福岡に音楽が溢れる1ヶ月。

 

サンセットで夏をしめくくって、

中洲ジャズで秋がはじまって、

ミュージックシティ天神で福岡さいこー!て叫ぶ。

 

他にもたくさん音楽イベントがあるけれど、

タロカリカリスマ店長的にこの3つはマストで毎年恒例。

 

まずはサンセット。

今年はどのアーティストを見に行くのか選びきれなくてもう、土日どっちに行くかまよったー!

けど迷ってる時間もたのしかったー!

営業中もタイムテーブルをじろじろ見ながら計画を練る。

そして出発前日、「明日はサンセットだー!!!」のときの浮かれようったら。

 

この中でサンセット行くの2人だけけどね、

タロカリーズは一緒に浮かれてくれる。

 

なぞの渋滞に巻き込まれて最初のネバヤン見損なったけど、大満足。

海でジャークチキンを食べてだらだらしながら音楽を聴いたり、

次の日バキバキになるくらいジャンプしたり、

ハンバートハンバートに浸りながら揺れていたら隣から泡盛とジャークチキンがまわってきたり。

夏、さよならー!って気分よく認められるのはこの日だけ。

 

そして中洲JAZZ。

きれいなおねえさんときたないおにいさんたちがびしっと作り上げてる夜の街の妖艶さがJAZZにかき消される日。

中洲JAZZの好きなところは、50代60代の先輩方がはじけて楽しんでいるところ。

夕方になって一気にステージを作り上げる職人さんたちも超かっこいい。

そして各ステージを渡り歩いていたらどんどん知り合いに会ってぞろぞろ仲間が増えていくあたりもとてもワクワクする。

今年は我らがきぽりんもコーラスでオンステージ!

 

そんで最後はミュージックシティ天神。

繁華街天神のあちこちに音楽が紛れ込んでいる。

歩けば音楽にあたる日。

大好きなFLEXLIFEからスタート。たまらーん。

 

いっちゃん好きなのはやっぱ市役所前のラストステージ。

今年はUA!ぜいたく。

高いビルに囲まれた街中の公園から大音量でいいんですか。

ライブ中にちょっと離れて渡辺通まで出てみたら、音楽の無法地帯やん!て気付く。

ここで「福岡さいこー!」て叫ぶ。

 

今年も空を飛びました。

かかってこい、冬。